Concept

多種多様な避難器具に精通し販売や取り付けだけでなく設計にも大阪で対応

火災などの際に、建物を利用されている方の命を守れるように、大阪で避難器具を取り付けるお手伝いを承っています。器具を取り付ける基準は法令で厳しく定められており、法令を遵守して備えられることが最優先となるため、法令に基づいて、建物ごとに必要な器具をご提案します。法令で定められているとは言え、取り付けたことで建物のデザインを損なったり、利便性に影響したりしては本末転倒です。そこで、器具の取り付けだけでなく、設計にも対応し、建物の外観や利便性を両立させながら、取り付けを行います。

また、新規に取り付けるだけでなく、古い器具の改修にも対応し、劣化や破損により、機能不全に陥らない様にします。幅広い器具の詳細まで熟知しておりますので、建物の特性に合わせた万全の備えができるようにお手伝いが可能です。

Gallery

検討のための資料として過去の設計や取り付けの事例等を写真を交えてご紹介

最適な避難器具をご提案し、建物を利用される方の命を守れるようにお手伝いしています。販売だけでなく、設計にも対応しておりますので、建物の外観や利便性にも配慮しながら備えられます。建物が形になる前の図面の段階でもご相談を承れます。取り付けや設計を手がけた実績について、写真を交えて載せました。大阪を拠点に関西の幅広い地域を営業エリアとして、建物の安全性を高めたい方からの気軽なお問い合わせをお待ちしております。

お気軽にご連絡ください。

Q&A

器具の種類や内容だけでなく法令に関する疑問まで分かりやすくご説明

Q 見積りは可能ですか?
A

もちろん可能です。お気軽にご依頼ください。

Q 施工を依頼する前に相談してもいいですか?
A

もちろんです。お気軽にご相談ください。

Q 防火設備の点検は必要ですか?
A

消防設備の点検は、定期的な点検及び報告が必要です。消防設備の点検には、消火器、消火設備、自動火災報知設備、避難設備などが含まれます。点検頻度は、建物用途により異なり、設備は半年に1回の点検・3年もしくは1年ごとの報告義務があります。

Q 防火設備を導入するために必要な手続きは何ですか?
A

消防設備を導入するためには、所轄消防署へ届出を行う必要があります。また、設置前には消防署へ相談が必要となる場合があります。設置後には、点検やメンテナンスを定期的に行うことが法的に義務付けられています。

Company

関西の幅広いエリアからご相談を承り建物の安全を確保できるように支援

堺南防災設備

住所

〒590-0141

大阪府堺市南区桃山台4-22-1

桃山台コーポ203

Google MAPで確認する
電話番号

090-7873-1761

090-7873-1761

定休日

土,日,祝

火災などの際に、逃げ遅れた方の命を守るための器具に関して、販売や取り付けだけでなく、設計も承っています。また、既存の器具の改修にも対応可能です。関西の幅広いエリアからご相談を承り、建物の安全を確保できるようにお手伝いします。

新たな器具の取り付けだけでなく既存の器具に関するご相談にも幅広く対応

さまざまな避難器具に精通し、販売や設置だけでなく、設計や改修までワンストップで対応しています。法令に沿った器具を取り付けるだけでなく、建物のデザイン性や利便性を損ねないことも両立して、ベストな器具をご提案可能です。建物がある程度完成してから、器具を取り付けるとなると、建物に合わせる点では限界があります。しかし、設計にも対応しておりますので、建物が形になる前の図面の段階からでご提案し、建物の特性を活かしながら取り付けが可能です。

大阪を拠点に、関西の幅広いエリアからのご依頼に対応しています。新たな取り付けはもちろん、既存の器具に関するご相談にも対応可能です。経年劣化や破損は、器具の動作不良につながってしまいます。建物を利用される方の命を着実に守れるように、古い器具を新しくするお手伝いを積極的に承ります。

About us

豊富な種類の器具を取り扱い最適な形での取り付けをワンストップで対応

  • 販売だけでなく設計や改修にも対応しているのでワンストップでサポート

    火災や災害の際に、建物を利用される方の命を守るための避難器具の設置を、大阪を拠点にお手伝いしています。避難器具については法令で定められた部分も多いですが、法律だけで全てが決まるわけではありません。例えば、器具を取り付けることで建物のデザイン面に影響を与えたり、建物としての利便性を損ねたりしてしまっては本末転倒です。しかし、販売だけを行う事業者と異なり、設計から対応ができるため、建物の特性に合わせた最適な取り付けが可能です。

    建物がある程度できた段階で器具を選定するのではなく、図面の段階から建物に最適な形でご用意できるため、取り付けまでがスムーズに進められます。取り付けた後の動作確認はもちろん、建物として運営を開始した後の点検や、年数が経過した後の改修にも対応可能です。どんなに丈夫な器具であっても経年劣化は避けられないため、取り付けた器具が確実に動作する状態を保てるように、アフターフォローも着実に行います。建物の安全性を高められるように、大阪を中心とした関西の幅広い地域からのご相談をお待ちしております。

    AdobeStock_225257052
  • 幅広い器具に精通し建物の特性に応じた最適な器具をご提案可能

    さまざまな避難器具の設置に対応し、建物に合わせてベストな器具を備えられるようにお手伝いします。避難設備は法令で決められている部分が多いものの、実際に取り付けるとなると、建物の外観や利便性との兼ね合いも無視できない要素です。ただ既存の器具を後から取り付けるだけでは、建物としての魅力を損なってしまう場合も少なくありません。しかし、器具の販売だけでなく、設計にも対応しておりますので、建物に適したベストな器具を、ベストな形で取り付けるためのご提案が可能です。

    例えば、利用人数の多い建物には救助袋、建物の周辺にスペースが乏しい場合は緩降機などの使い分けをアドバイスします。避難はしごであっても、万が一の際の視認性を重視するなら固定式、見た目を重視するのであれば、避難ハッチや折り畳み式など、建物で重視する点に応じたご提案が可能です。法令で決まっている部分はしっかりと遵守しながらも、建物としての良い点は最大限に引き出せるように、お手伝いしています。

    pixta_11135073_M (1)
AdobeStock_196255348_R

火災などの災害時に、建物を利用されている方の命を着実に守るために、避難設備に関するトータルなお手伝いを承っています。器具のご提案や販売はもちろん、設計にも対応しているため、建物のデザインや利便性を損なうことなく、ベストな形で取り付けが可能です。また、年数を経ることで破損や劣化が生じていくため、正常な状態を維持できるように点検などアフターフォローも充実させています。古くなった器具の改修にも対応し、単に器具を新しくするだけでなく、建物の安全性をさらに高めることも重視したご提案が可能です。関西の幅広いエリアからのご依頼に対応できますので、気軽なご相談をお待ちしております。