Category

建物のデザインや利便性を損ねずに設置

建物のデザインや利便性などを最大限に活かしながら、法令に準拠した避難器具を設置できるように、大阪でお手伝いしています。さまざまな種類の器具に対応し、器具の選定アドバイスや設置だけでなく、設計段階からの対応や経年劣化した器具の改修まで、ワンストップで幅広く対応可能です。万が一の際に、建物を利用されている方の安全をしっかりと守るために、ご相談をお待ちしております。

火災などの際に、建物を利用されている方の安全を保つためには避難器具の設置が必須です。法令で決まっている部分が多いですが、建物のデザインを損ねたり、利便性に影響したりすると、建物としての魅力が減ってしまいます。そこで、大阪を拠点に幅広い器具の販売や設置だけでなく、設計にも対応し、建物の魅力を損ねない形で万が一に備えられるようにお手伝いしています。例えば、避難はしごの場合、目立つ固定式ではなく、普段は収納しておける折り畳み式や避難ハッチをなど、外観に配慮したご提案が可能です。

また、建物を利用する人数に合わせて、救助袋と緩降機を使い分けるなど、利用状況に合わせたご提案も行えます。法令は漏れなく遵守しながらも、建物のデザインや利便性も最大限に活かしたベストな形で備えられるように、幅広くお手伝いが可能です。取り付けてから年数が経過し、劣化や損傷が見られる機器の改修にも対応しております。

Instagram

インスタグラム